包茎手術で男としての自信カムバック!|施術に関すること

先生

包茎に関すること

先生

上野などのクリニック選びに苦労している男性は多いと思います。そういう方たちのために、このサイトではどうやって選べば良いのか、その方法と基準を紹介したいと思います。

Read More...

選択することについて

男性

仮性包茎に対する包茎手術は、するもしないも、個人の自由です。真性やカントンの場合は、パートナーに対しても危険をもたらす可能性があるため、より強く推奨されますが、仮性包茎の場合は手術を受けないことを選択する男性も多いのです。

Read More...

仕上がりによる違い

男女

情報を元に、どこで包茎手術を受ければいいのかを考えてみましょう。まず、自分の包茎が、仮性、真性、カントンのいずれに該当するのか、把握しなければなりません。クリニックなどに問い合わせることで確認が取れるでしょう。

Read More...

種類や特徴について

病院

それでは、それぞれの包茎の種類について、その特徴を紹介していきます。まずもっとも多い仮性包茎のパターンである仮性包茎では、男性器を覆っている包皮の長さが余っており、勃起をしても正常に剥けない状態です。通常時、勃起時を問わず性器が包皮を被っていますが、仮性包茎の場合、手で剥くことが可能です。自然に剥けることはありませんが、自発的に剥くことができる状態を、仮性包茎と言います。次に、真性包茎のパターン。仮性包茎よりも深刻な状態です。真性包茎では、通常時、勃起時を問わず性器が包皮を被っており、また手で剥くこともできません。包皮の長さが余っているというわけではなく、包皮口のサイズが性器のサイズに比べて著しく小さい場合に起こります。包茎手術、もしくは器具などを用いた矯正でしか性器を露出させることができないため、排尿時の衛生的なリスクが大きく、満足な性行為も行えません。そのため、治療目的での手術を必要とします。最後に、カントン包茎のパターン。これは、仮性と真性の中間と言える状態です。カントンの場合、通常時、勃起時を問わず性器が包皮を被っており、勃起時には包皮口のサイズが性器のサイズを下回っているため手で剥くこともできませんが、通常時であれば、包皮口から性器を露出させることが可能です。、実は一番、衛生面でのリスクが深刻な問題となる包茎の状態であり、真性よりも治療目的での包茎手術の必要性が高いのです。